わくわくオンライン工作教室を開催します!

コロナ禍において、例年のように工作教室を(職人と子供が直接会って)行うと『密』になってしまう恐れがあります。

そのため今回は動画撮影したものを見てもらって工作を行う『オンライン工作教室』を開催することとします。

オンライン工作教室の流れ:職人が工作している画を動画で撮り、その動画をQRコードに落としてチラシに添付します。そのチラシを地域の小学校に配布し、チラシに記載された指定の場所にて材料を配布します。(無料で配布します)

材料を受け取ったら自宅にて親子で動画を見ながら作成してもらうといった流れになります。今回は本棚を作成します!

下記のチラシからも動画を確認できます。

わくわくオンライン工作チラシ

キット数には限りがあります。先着順となりますので、希望される方は配布場所と日時の確認をお願いします。(下記の通りです)

配布会場

 

※千葉土建市原支部では毎年「安心安全なまちづくり」をテーマに『住宅デー』という住宅のお祭りのような(地域住民の方のために無料で住宅相談を受けたり、子供を対象とした工作教室をおこなったりする)企画を5月~6月ごろにかけて、市原市内で行っていたのですが、コロナの影響で今年はこの時期に開催が出来ませんでした。

 ただこの間、地域住民の方に話を聞くと『子供の思い出を作る時間がなくなった』という意見や『子供との思い出を何か作りたい」といった意見が多くあがりました。学校では夏休みも短縮されて、工作や自由研究も無い、ましてや修学旅行にも行けないといった状況の中で、建設の職人の組合として何か思い出に残せるような取り組みができないかと話し合い、オンライン工作を行う事にしました。

※この取り組みは、県や市、教育委員会からも後援の承認を得ております。

興味のあるお子さんは、ぜひ工作キットを取りに会場へいこう。会場ではコロナ対策をさせて頂いております。来場の際は必ずマスクの着用をお願い致します。

 

関連記事

コメントは利用できません。