新型コロナウイルス感染症に関わる支部事務所の運営について

新型コロナウイルスの感染が都市部を中心に急速に拡大している事態を受けて、先日、国は千葉県を含む7都府県に「緊急事態宣言」を発令しました。

感染予防のため支部事務所でも消毒や換気等の対策を講じていますが、支部事務所内で感染者が出た場合は3月23日に開かれた第672回中央執行委員会での確認に基づき、下記の様な対応をとらせていただきます。また実際に感染者が出て、下記の対応を行う場合には別途ハガキ等でご案内させていただきますのでご理解とご協力をお願いします。

①感染者の出た事務所をすみやかに消毒し、原則感染者の出た支部書記局員全員を2週間の自宅待機とします。

②やむを得ない事情により出勤しなければならない場合、事務所を消毒したうえで業務をおこないます。ただし2週間は窓口業務をおこないません。

③事務所を閉所する支部の組合員全員に『事務所閉所及び今後の対応について』の案内をすみやかに郵送します。

 

ご不明な点がございましたら支部事務所までお問合せください。

関連記事

コメントは利用できません。